家庭でネズミ駆除をする方法と業者による再発防止策

category01

ネズミがいるかどうかは、足元に落ちている糞などで判明します。



小さい黒い点のような物がネズミの糞なので、そこへネズミがやってくる証拠でもあるためネズミ駆除をします。ただ、どの場所に糞が落ちていたかで対策方法が違ってきます。
米などの穀物が置いてある倉庫、家の中、天井裏ならハツカネズミかクマネズミが原因です。

対策ですが、市販で普通に売られているネズミ駆除用の粘着シートを使用します。


ハツカネズミは普通に置いておくだけで駆除できますが、クマネズミの場合は賢いタイプであり罠を避けてしまうことも多いのでやや工夫が必要です。
例えば、粘着シートの隅と中央にチーズの切れ端を置くとネズミ駆除率が上がります。

シートに張り付いたネズミは、折り畳んで市の燃えるゴミ袋に入れて処分します。


ネズミは1匹捕れた時点ではまだ安心できません。

2~4匹くらいで動くことが多い動物なので、油断せずに粘着シートを置きましょう。
糞が全く見かけなくなったら、ネズミ駆除は成功したとみていいです。再発防止策は、ネズミ駆除業者に依頼するとしてもらえます。

YOMIURI ONLINE関連の情報をたくさん掲載しています。

日常生活では気がつきにくい所へも対策を行ってくれるので、依頼する価値は十分あります。

屋根裏のねずみ退治サイト利用者からとても評判です。

例えば、ネズミの入ってくる場所には屋外の排水パイプなどがありますが、そのような所で駆除をしようと考えても普通の人では無理です。業者ならその排水パイプにも何らかの対策をしてくれるので、安心して依頼することができます。

環境の事柄

category02

家の中や飲食店の店舗などに発生するネズミは、食料品を食い荒らされたり、糞や尿を撒き散らして室内を汚してしまうなど、様々な被害をもたらしてしまう存在です。ネズミが建物の中に棲みついてしまった時には、早めにネズミ駆除を始めなければどんどん被害が広がりますし、繁殖を始めることによって数も増えてしまいます。...

subpage

環境の情報まとめ

category02

繁華街の雑居ビルにある飲食店など、食品を扱う場所ではネズミの被害が深刻になることがあります。繁華街など、ネズミにとって食料となるものが豊富な場所はネズミが棲みつきやすく、そうした場所ではネズミが営巣して繁殖を始めてしまうこともあります。...

subpage

知っておきたい情報

category03

日本に生息するネズミの中で一般的に家ネズミと呼ばれて様々な被害をもたらす種類はドブネズミ、クマネズミ、ハツカネズミの三種類となります。齧歯目であるネズミは、硬いものをかじる習性があるため、食べ物だけではなく、建材や家具、電気配線などもかじってしまいます。...

subpage

おすすめ情報

category04

繁華街の雑居ビルなどにある飲食店では、ネズミの被害に悩まされているというところも少なくありません。ネズミが発生してしまうと、保管している食品を荒されてしまうだけでなく、糞や尿によって室内を汚されてしまいますし、ダニやノミ、病原菌などを媒介されてしまう危険もあります。...

subpage